So-net無料ブログ作成

4.28 眼鏡型拡大鏡が届く

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 今年70歳になる小生であるがゆえに、小さな字は読みにくい。老眼になったのは50歳前後のことで、もう20年は遠近両用眼鏡を使っている。これでほとんど不自由なく過ごしてきたが、急に不自由になった。
 というのは、先日、パソコンに接続してあるプリンターを買い直したのが、プリンターの操作表示画面の小さいことといったら往生する。画面があまりに小さいから、そこに表示される文字も非常に細かなものとなる。
 プリンターをパソコンデスクの上に置いて、しゃがんで水平の位置から見れば、何とか読めるのであるが、プリンターの置き台は床から20数センチの位置にあり、しゃがんだとしても斜め上から見なければならない。前のプリンターはそれで十分画面の文字が読めたのに、更新したプリンターはそれがほとんど不可能である。同一メーカーでありながら、なんじゃこれは、である。
 テレビショッピングでは、眼鏡型拡大鏡を2社で売り出している。安いほうで2個3千円ほどだ。これを買わねばいかんかなあ、と思っていたところ、定期的にカタログを送ってくる景品屋さんに今回、眼鏡型拡大鏡が400円弱で載っていた。これを買おう!
 1個から注文できるが、これは高齢のお客様、ほとんどの方がそうだが、皆さんに差し上げれば、きっと喜ばれるだろう。だいぶ先になるが、来年正月のセールで福袋(無料進呈)に入れるメイン景品にしようではないか。
 ということで、3日ほど前に景品屋さんに注文した。それが今日届いた。早速、今している眼鏡の上から掛けてプリンター画面を見てみたら、ちゃんと字が読めるではないか。よし、よし。これで、プリンター操作がスイスイできる。
 そのあとで文庫本の活字を見てみた。今のところ遠近両用眼鏡で不自由していないが、眼鏡型拡大鏡を被せて見てみると、新書版の大きさの活字にばける。なんせテレビで宣伝しているものと同様に1.6倍だから。
 いいものを極めて安く手に入れることができたもんだ。有り難い。
 
<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
4品思い出す。他に1品。4/5で80点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。