So-net無料ブログ作成

5.29 しだれ梅がやっとらしい姿になってきた

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 庭先に1本ある「しだれ梅」。もう10数年以上前になるが、浜名湖から少し山に入った所に「しだれ梅」がたくさんある公園があって、そこへ行ったとき、その苗を売っていたので1本買ってきた。
 それを畑の一角に植え、主な枝を伸ばし、樹形を整えるという作業をおふくろが行い、数年程前には随分と大きな木になった。
 ところが、4方向の隣の樹木とゴッツンコしだし、毎年おふくろが「しだれ梅」の枝を寸切りしてしまうから、全然「しだれ梅」らしくない姿になってしまった。
(2012年3月16日撮影)
DSCN0092.JPG
 でも、3年ちっと前におふくろが体調を崩してからは、あまり手を掛けなくなり、2年前に小生がビニールテープで2、3本の枝を下に引っ張り、少しは「しだれ梅」らしくするとともに、邪魔になる隣の木をどれだけか伐採したところである。そして、おふくろに“これは「しだれ梅」なのだから枝を切るな!”と何度も言っておいたのだが、またまた勝手にどれだけか剪定してしまった。昨年も通路に垂れ下がっているから邪魔だとばかり切ってしまうし、今年3月には切花にゴッソリ切ってしまった。
 こうして、おふくろに邪魔されるのだが、今の時期には枝がグングン伸びるから、有るべき姿に再生させることが可能であろうと勝手に考えている。
 毎年、今頃に「しだれ梅」の夏剪定を行うのだが、今日実施したところである。上に伸びた枝を全部切り取り、横に伸びた小枝も密集しているところは選る。今年は、もうこれ以上大きくすることは不可能(4方向とも隣接樹木などとゴッツンコ)で、樹形を整えるだけだから実に簡単である。
 おふくろも今年は剪定するだけの気力はなさそうだから、「これぞ、しだれ梅」という姿に来春は近づくであろうから、花が咲いたらこのブログに写真を紹介しようと思っている。
 ここまで散々おふくろの悪口を書いてきたが、苗木の生長に合わせて樹形を整え、何本かの主枝をどう残し、どう伸ばすか、という成長過程での剪定作業は単純なものではなかろう。それに比べれば、小生の今年の剪定は単に樹形を整えるだけであったから、全く頭を使う必要はなかった。この点は、おふくろに感謝せねばならない。
 来春の写真は、おふくろと小生の合同作品となる。乞うご期待、といったところ。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
メインが思い出せない…。ギョーザだったか。他に〇〇煮。▽▽いため、◇◇スライス、△△煮、酢の物
答え合わせ:メインは間違いで春巻。、◇◇スライスはなし。4/7で60点。

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0