So-net無料ブログ作成

5.25 いただいたアジサイの鉢植を庭に植える

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 おふくろはアジサイの花が好きだ。ここ10年ほど、以前に当店でアルバイトしていた子が店を止めてからも、それを知っているから、おふくろの誕生日に合わせてアジサイの鉢植を贈ってくれる。有り難い話だ。
 アジサイは梅雨時の花だが、早生品種もいろいろあるようで、いつも5月初めに満開になったアジサイをもらっている。
 それをおふくろは庭の所々に植えてきたのだが、早生品種は弱いようで枯れてしまうものが多い。加えて、3年ほど前からは、植え付け場所を探して穴を掘り、といった作業がおっくうになり、鉢のままで枯らしてしまうようになった。今年5月に97歳にもなったのだから、これは止むを得まいが。

 今朝、今年いただいたアジサイの鉢植が目に留まり、完全に花が枯れているものの枝葉はしっかりしており、少々時間があったので、これを東側の庭に定植することにした。
 ドクダミが花を咲かせ、いっぱい生えていた場所があったので、それを引き抜き、テボで穴を掘って鉢植のアジサイを植え付けただけだが、十分根付くだろう。ここならお昼前までしか日が当たらないから、日陰を好むアジサイの適地だろう。
 ただし、夏の猛暑に耐え、ちゃんと冬越しでき、来年も花を咲かすかどうかは分からない。今日植えた直ぐ隣は何かしら枯れ木があり、これはどうやら何年か前にいただいたアジサイの残骸のように思えた。

 今、庭で咲いているアジサイは2品種。既に花を落としたものがあるのか、これから咲くものがあるのか、全く気にかけてこなかったから分からないが、今日植えたアジサイが来年は花を付けてほしいものだ。
 最近、覇気がなくなってきたおふくろである。残り少ない人生であり、おふくろが好きなアジサイでもって庭いっぱいお花畑とはいかないが、少しはアジサイが増えてほしいと願っている。
 おふくろが元気なうちは、喧嘩ばかりしていた小生であるが、老い先短い感がしてきたこの頃、おふくろのために何かしてやりたいと思うようになった。これが普通なんでしょうね。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
〇〇やき、▽▽きんぴら、◇◇スライス、△△卵とじ、納豆
答え合わせ:他に☆☆煮があった。5/6で80点。

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0