So-net無料ブログ作成
検索選択

2.14 久し振りにたっぷりと農作業

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 昨日は気温がさほど上がらず風もあるとの予報であったが、晴れていたので11時から農作業することにした。
 風はさほどなく、日も当たるから寒くない。ネコブセンチュウ対策のため、山芋とネギの収穫跡に菌剤を入れ込むことに。
 つまり、畑起こしをするのである。冬用の作業着のままで取り掛かったら暑くなってきた。作業着を脱ぎ、ワイシャツ姿で畑起こし。休み休み2時間半で終了。
 時刻はまだ13時半。曇がちになり、風も出てきて寒くなったが、5畝あるグラジオラスのうち1畝、これは5mほどで、簡単に終わるだろうと植え直しに着手。
 寒い、寒い、と言いながら、15時には終了。
 野菜を少々収穫し、まだ時間があるからと、自宅前の休耕田に積んである枯草の野焼きに着手。風が弱くなり、風向きもいいから行うことにした。冷えた体もこれで温まる。しかし、最初は景気良く燃え上がるも直ぐに火勢が弱くなり、突いてみると下のほうは湿っており、かき広げて少しは燃えやすくしておく。
 時刻は4時を回っており、これにて本日の農作業は終わり。
 5時間の農作業で、心地好い疲労感。やっぱり百姓っていいなあ。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
単品につき脳トレならず

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2.13 日が射せば気温6度で暖かい

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 昨日は朝からよく晴れた。前日の雪模様の日とは打って変わって素晴らしい日になった。ただし、気温は低い。近所の岐阜気象台の10時の気温は3.5度しかない。予報では最高気温7度という。風もけっこう吹くようだ。
 神社の雑用が終わったのが10時過ぎで、外は寒かろうからデスクワークでもするしかないかと思ったが、あまりの好天につき屋外作業がしたくなった。
 柿の木や柑橘類の剪定が延び延びになっており、これをやりたい。しかし、寒かろう。でも、やりたい。しばし迷ったが、やることにした。
 そうしたら、思いのほか寒くない。11時に5.3度、13時に6.7度。日が射せばこの気温でも暖かい。自宅前の畑は西や北に遮蔽物があって風はかなり遮られるから、なおさらだ。でも、正午頃から時々雲でお日様が隠されることがあり、そのときはスーッと寒くなる。
 立春はとっくに過ぎ、日射しが強まり、お日様の力が随分と大きくなったのを実感した。
 柿の木とゴッツンコするほどに生長したしだれ梅に真っ赤な蕾がびっしり付いており、間もなく綺麗に咲くことだろう。
 春が来た。お日様万歳!

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
4品思い出す。1品間違い。他に2品あり。3/5で50点。お粗末。

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2.12 朝起きたら一面の銀世界

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 昨日は建国記念の日、その昔は紀元節。
 いつの頃からか知らないが、幼少の頃から、その日に金比羅様の祝祭として子供たちが餅撒きをする。
 この行事は子供会の主催であるが、金比羅様は氏神様の右隣に祭られているから、氏神様の神社総代を勤める小生たちもその手伝いや指導で準備段階から参加せねばならぬ。
 予報ではあいにくの天気で、雪の降るなか寒さに震えながら作業を強いられるであろうことを覚悟していたのだが、残念ながらそのとおりとなった。でも、子供たちが集まった頃には雪がちらついていたが、神事が始まり引き続いて行われた餅撒きの間は雪も止み、無事に行事が済んだ。やれやれ、である。
 さて、当日の準備は8時からであり、目覚ましを7時にかけておいた。目覚ましが鳴って直ぐに起き、気になっていた天候であるからして早速窓の外を見た。
 一面の銀世界である。東庭の枯れ木に花が咲き、常緑樹には格好良く雪が乗っかっている。いやー、いい眺めだ。しばし見とれる。
 1箇所だけ雪がない所がある。自宅の際を通る道路だ。ということは、積雪はわずかで、神社境内の雪どけは一切不要だし、餅撒き棚づくりに支障をきたすこともない。
 身支度を整えて玄関を出ると、正面に南庭があり、ここも当然にして一面の銀世界であるが、東庭よりいっそう枯れ木に花が咲き、常緑樹には格好良く雪が乗っかっていて、見事な眺めである。
 今季2度目の銀世界。たぶん今回で見納めとなろう。雪が多い地域では大変なことだろうが、当地は毎年生活に困るような大雪にはならず、銀世界を年にたいていは2度眺めさせていただける。有り難いことだ。
 お天道様に感謝、感謝、感謝。
 
<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
単品につき脳トレにならず。

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2.11 今年は有り難いことにしもやけができない

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 ここ数年、高齢者の仲間入りをする少し前から、毎年、厳冬期に入った頃には足指の幾箇所かにしもやけができていた。
 ところが、今年もできかけたかな?と思ったが、それはのちほど述べる別の疾患であって、しもやけなるものは全くできていないのである。
 この先、数日は少々冷え込みそうだが、もう立春を過ぎており、今年はしもやけができずに終わってくれるのは間違いない。
 有り難いことである。
 どうして、そのようになったのか?
 最初は理由が分からなかったが、これは、きっと漢方薬の飲む量と回数を増やしたからに違いない。
 昨季は、体を温める「刺五加(シベリア人参)」製剤を1日1回夜1袋、同じ作用がある「鹿茸」製剤を1日1回夜2カプセル(いずれも記憶は定かでないが)しか飲んでいなかったが、今季は「刺五加」製剤を1日2回朝夜各1袋、「鹿茸」製剤は当初1日1回夜3カプセルであったが1月半ばから1日2回朝夜各2カプセルとした。 
 両方とも1日2回としてしばらく経ってからは、なんだか体が温かくなり、寒さをあまり感じなくなったような気もする。
 「鹿茸」製剤は夜に飲むと効果が大きいかと思っていたが、朝飲んだほうが効果があるのか、朝夜2回飲んで効果がアップしたのか、そのあたりは何とも言えないが、うれしいかぎりである。
 ちなみに価格であるが、どちらも高価である。小生の今の飲み方でいくと、1か月分で前者が約1万円、後者は約2万5千円、計約3万5千円となる。単なるしもやけ対策だけでは小生とて、とてもじゃないが飲めたものではない。
 他に幾つかの効能があることを踏まえれば、飲んでみて損はない、といったところか。

 さてさて、1月半ばから飲み方を変えたのは理由がある。それは、しもやけ同様にここ数年、水虫に悩まされている。夏に発症し、塗り薬で対処して一旦治まりるも、春にムズムズし出すことがある。
 それが今年は正月過ぎから違和感が出だした。最初はしもやけかと勘違いしたが、そうではなくて早々に水虫が暴れだしたのである。
 1月半ばに同業者の集まりがあり、漢方に詳しい方に対処法をお聞きしたら、先ほどの「鹿茸」製剤の飲み方に変えてみたら、ということであった。
 ところが、水虫のほうは一向に良くならず、少々悪化し、先日少し痒くなって1箇所水ぶくれが破れた。それ以来、塗り薬を毎日朝夜塗らねばならなくなった。
 「鹿茸」製剤じゃ全く効かねえ!と言いたくなるところだが、自然治癒力をアップさせねば水虫は完治できないのであり、長期戦を覚悟して当たらねばならない、と自分に言い聞かせているところです。
 昨日に続いて、今日もまた最後にボヤキが出てしまいました。
 失礼。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
単品につき脳トレ休み

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2.10 所得税の確定申告書を商工会へ提出

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 毎年、2月上旬には所得税の確定申告書を商工会へ提出することにしている。
 今年は、昨年相続税を払うために土地を売ったりなどしたから、分離課税の表も併せて出さねばならないので、少々遅れるかと思っていた。
 1月末に確定申告の書類が送られてきたので、分離課税分については書き方や計算方法などさっぱり分からないから、売買で世話になったJAの担当者に作成を依頼した。
 それが思いのほか直ぐに作ってくれたので、例年どおり2月16日の税務署受付開始日前に完成させることができ、昨日、商工会へ持っていき、ざっと見てもらって、これでよし、と相成った。
 面倒な作業もこれで一件落着。やれやれスッキリした。
 ところで、税金というものはなんだかんだ取られるものである。相続税をがっぽり取られ、それを払うために土地を売ったらまたがっぽり取られる。相続税が強化される前は、相続税を払うために土地を売る場合は、けっこうな額の控除があったようだが、改正後は雀の涙ほどしか控除してくれなくなった。これは全然知らんかった。クッソー!!
 最後はボヤキになってしまいましたが、こうして嫌~なことを吐き出してしまえばスッキリし、すっかり忘れられるというものです。読者の皆様にはごめんなさい。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
4品思い出す。正解。100点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2.9 今年もヤーコン普及活動で忙しくなりそう

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 ヤーコンにぞっこん惚れ込んでいる小生。そんなわけで、ヤーコン専門のブログまで建て、種芋や苗を無料で進呈し、普及活動に勤しんでいる。
 今年も、苗はすでに大口2件の注文が来ているし、種芋も2、3件入ってきている。2月から要望受付としているから、これからちょくちょくメールなり電話が入ることだろう。
 昨日は、訪問者があった。建設会社で副業として農業をやろうという構想のなかで、ヤーコンが候補としてあがったという。これにどれだけか手助けができるとうれしい。
 一人地道にこつこつと普及活動を行っているのだが、ネット社会ゆえ、北は北海道から南は種子島まで種芋を送ったことがあり、全国展開できるから有り難い。
 小生の夢は、全国どこでも、いつでも、ヤーコン芋を買って食べることができる、そんな社会になること。そうした夢があるから、飽きもせず、楽しく普及活動ができる。
 昨夜に種芋希望のメールが2通届いていた。早速返事したところ。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
外食で脳トレならず。

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2.8 たまにはアメブロにも投稿しなきゃ

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 テーマごとに何本もブログを立てているからして、滅多に記事を書かないブログもある。 
 アメブロがそうで、12月初めに投稿して以来、まる2か月経ってしまった。
 最近のブログはその多くが、1か月間、音沙汰なしであると、でかい広告がバーンと入り、みっともないブログになってしまう。
 よって、小まめに記事を書かねばならぬ。
 さて、アメブロで何を書こうか。そう思いつつ2か月近く経ってしまい、苦し紛れに政治に関する時事問題を取り上げることとし、2、3日かけて書き上げ、昨日の午後、やっと投稿できた。
 政治に関することは、ことごとくうんざりさせられるから、何も言いたくないのであるが、あまりにも馬鹿げた論評が多いから、つい愚痴っぽいことを書いてしまった。
 おおいなる自己満足。
 これで、広告が1か月間、貼られずに済む。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
5品思い出す。うち1品はなし。4/5で80点
なお、メモには食べたに違いない1品を書き漏らしていた。食べて3時間で、もう忘れてしまう、この情けなさ。

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2.7 アメフトを生中継で楽しむ

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 プロフットボールNFLの今シーズンの王者を決める第51回スーパーボウルは、米テキサス州ヒューストンで2月5日午後(日本時間6日午前)行われ、アメリカン・カンファレンス(AFC)の代表ニューイングランド・ペイトリオッツが、スーパーボウル史上初の延長戦(オーバータイム)の末に、34-28でナショナル・カンファレンス(NFC)の代表アトランタ・ファルコンズに逆転勝ちし、2年ぶり5回目の優勝を飾った。
 これは昨日の毎日新聞ネットニュースである。
 当店は毎週、日・月曜日連休につき、この試合をゆっくりとテレビ観戦させていただいた。午前8時から放映とのことで、朝、小1時間雑用をこなしてから自宅のテレビの前に陣取った。試合が始まったのは8時半過ぎで終わったのは正午過ぎ。4時間も観戦したことになる。
 いやーあ、堪能しました、大好きなアメフト。
 それにしてもペイトリオッツのクオーターバック、トム・ブレイディーには恐れ入った。39歳のロートルでありながら、まだまだ投げる技術は相当なもののようだ。スーパーボウルまで勝ち上がってきたのだから。
 それを期待して見ていたのだが、前半はからきしダメ。後半になっても立ち直らない。こりゃあ、ワンサイドのつまらないゲームになってしまうか。つまらない試合だ。
 そんなわけでウトウトしながらのテレビ観戦。
 最終第4クオーターになって、相手の作戦ミスがあってから、流れが変わった。その後はすごい。つきというものは恐ろしいものである。
 ブレイディーのフワッとあがった実に危なっかしいパスがラッキーにも味方がキャッチしてくれたり、絶対にパス失敗と思われたものが敵の足に乗っかって落下せず、レシーバーがこれを押さえて地表すれすれでキャッチ。このキャッチはレシーバーの執念で地面にボールが着くのを防いだ超ファインプレーでもあった。
 ブレイディーのショートパスも調子が戻ってきて、ジリジリと敵陣に攻め込み、フィールドゴールに続いて連続タッチダウンで終了間際に同点に。
 しかしながら、ここまで観戦していて、“さすがブレイディー”という印象はたいして受けなかったから、オーバータイムに入ったら形勢逆転、ペイトリオッツの負け、となるのを望んだのだが、実にしぶといブレイディーである。持ち前のパス攻撃を次々と成功させ、あっという間にタッチダウン。試合終了。
 悔しいかな、さすがブレイディーである。脱帽。
 と、まあ、ファルコンズに勝たせたかった試合ではあるが、生中継観戦に十分堪能させていただけました。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
単品につき、またまた脳トレならず。

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2.6 メインブログのアクセス者数順位が常時2ケタ台に

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 メインブログ「薬屋の…」のアクセス者数はここのところ2000人弱で安定的に推移している。gooブログにつき、ここ1週間の毎日のそれと1週間毎のそれが編集ページをワンクリックすると一覧表で表示される。
 そして、全部で260万強あるgooブログ中の順位も併せて表示される。昨朝ワンクリックしてそれを見てみたら、ここ1週間の日毎の順位、1週間毎のここ3週間の順位が全て80位台なり90位台と、常時2ケタ台になっていた。
 こんなことは初めてだ。かようにアクセスが安定的に高位置に付けているのは、どうしてだろう。
 そこで、「このブログの人気記事」をチェックしてみたら、定番の「高血圧、コレステロール、ヨーグルト、胃薬」に続いて「インフルエンザ」が登場していた。なるほど、今、インフルエンザが流行っているからアクセスが増えてきているのか。
 アクセスした方々が、記事を参考にして無駄に薬を飲まずに健康を取り戻し、より健康になっていただく、そうあってほしいものです。
 先週は、メインブログを見た方から「とても役にたった」「不安が取れて安心した」「目からウロコでよーく理解できた」といった感謝のメール、コメント、電話を3通もいただき、うれしい限りです。さらには80歳近い方が、メールを打って送信しようとしたがうまくいかなかったからと長文の手紙で健康相談をなさい、返事はメールでとあったから早速アドバイスをメールでしたところです。
 こうして、ブログに関しては実に充実した先週1週間でした。 

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
4品思い出す。2品は別の物。2/6で35点
しばらく脳トレ休みが続いたせいか、散々な結果が続く。

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2.5 安納芋の切干に舌鼓を打つ

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 サツマイモの収穫とその利用法については11月25日だったかに記事にしたところであるが、紅東を初めはふかし芋にし、厳冬期になってからはガスストーブに乗せて焼き芋にして毎日のように食べてきた。
 2日前にそれをやっと食べ終わり、待ちに待った安納芋の切干がいただけるようになった。
 12月に入った頃だったろうか、それ以来というもの毎日のように女房が切干づくりに励み、次から次へと冷凍保存。店の2階の居室にある冷蔵庫だけでは納まりがつかず、自宅の冷蔵庫にも保管し、やっと2、3日前に全部を作り終えた。よくもまあ飽きもせずに根気よくやったものだと、感心させられる。
 安納芋の収穫量は171kgもあり、芋の状態で2、3の方にどれだけか差し上げただけだから、女房が切干作りに使った量は百うん十kgもあった。今までに息子や娘の所に随分と送ったが、2箇所の冷凍室にまだまだ随分とあるらしい。小生が冷蔵庫なるものを開けることは滅多にないし、ましてや冷凍室となると魚釣りに行くときに氷を取り出すだけだから実情は皆目分からないが、小生も飽きるほど食べられそうだ。
 安納芋の切干をガスストーブに乗せて、軽くあぶり、熱々を口に放り込み、良く噛んでいると、旨味が口の中いっぱいに広がる。うまい、うまい、実にうまい!
 こうしてグルメを満喫できる幸せ。女房殿に感謝。おっと、その前に天の神・地の神に感謝。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
3日前のメニューを思い出す。2日前は非日常の恵方巻であったのに、それをコロッと忘れていた。0点。

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感