So-net無料ブログ作成
検索選択

3.14 毎年恒例のツクシ採り

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 啓蟄(3月5日)頃から、頭を出すようになるツクシ。早いものは今年もその頃に見られた。
 昨年と同様に、一昨日の神社行事が終った後でツクシ採りをする予定だったが酔いすぎて、日延べし、昨日、畑仕事の合間にツクシ採りを行った。
 まずは、いつもツクシ採りをするうちの畑の近くにある排水路の土手へ行ってみたが、今年は生え方が悪く、どれほども取れなかった。
 しかたなく、畑の近くのあちこちを探してみたが、どこも大して生えていない。誰かが採った様子もなく、今年は不作か?
 自宅の近くも探したが、大して生えていない。帰り際に店の近くの排水路の土手を見てみたら、よく肥えた立派なツクシがけっこう生えていた。
 これで十分ツクシが採れた。
 年々ツクシを採る人が減っているようであり、近年はツクシ採りをしている人を滅多に見かけない。昔はどの家もツクシを食べたものだが。
 少々寂しい感がするが、いつでもツクシが必要な量採れるから助かる。
 ツクシの袴取りにはけっこう時間がかかる。これは女房任せ。
 料理法は、我が家の定番である、ツクシ&菜の花(小松菜のもの)の卵とじである。実にうまい。
 今晩、きっといただけるだろう。
 天の神、地の神に、感謝、感謝、感謝。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
3品思い出す。うち1品間違い。他に3品。2/6で30点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。

3.13 昨日でもって神社総代お役御免

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
style="color:#009800;">※1)
 昨日は、地元の神社で午前中、祈年祭が執り行われた。
 今年度最後の行事である。朝8時半から準備を始め、神事、直会(なおらい)を済ませ、お開きとなったところで、残っていただいて酒を勧めねばならぬ御仁に声を掛けて、社務所で2次会となった。
 幸い残り酒が少なかったので、酒に弱い小生であっても飲みすぎにはならず、ホッとした。そんなことから案外早く全部が終了し、12時半に家に帰ることができた。
 ところが、家に帰ってから酔いが回ってきた。体が冷えていたから早足で家に帰ったからだろう、店の2階の居室にたどり着いたら、ホッとして千鳥足状態となり、ゴロリと横になる。すると、猛烈に体が寒くなった。“寒気”とは異なる感覚だから風邪を引いたわけではない。アルコールで体表の血液循環が増強しすぎたからである。
 その後、4時間にわたり、ガスストーブを点けたり切ったりし、やっと寒さから脱却できた。縮こまっていた体も弛緩し、やっと動ける状態となったものの、日が落ちかけており、予定していたツクシ採りは明日に延期。
 さて、どうしよう。晩飯まで少々時間があるからと、定休日の店に降りて、ブログとメールをチェックし、ブログ記事の原稿を書き溜めたりして1日が終わる。
 こんな状態であるからして、昨日1日の“幸せ探し3つ”がなかなか難しい。
 表題にした「昨日でもって神社総代お役御免」がまず1つ。2つ目は…「久し振りに昼下がりにテレビでサスペンス物を観て暇潰しができた」、これはちょっと苦しいなあ。3つ目は…。…。そうだ「明日も定休日で、天気が思いのほか良くなりそうでツクシ採りもできるし、百姓もやれる」、これはもっともっと苦しい。
 でも、こじつけながらノルマとしている“幸せ探し3つ”ができた。
 やれやれ、である。こうした日も時々ある。無理して探さなくてもいいだろうが、なんとしても探したくなるのは性分というものだろう。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
6品思い出す。うち4品間違い。他に2品。2/8で25点。簡単に思い出したと思ったら、1日前と随分チャンポンになってた。

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。

3.12 宇宙論も少しはましになったようである

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 平成20年4月に論文「新・学問のすすめ」をこの世に出した、と言っては大げさであるが、そのときに100名ほどの知人友人に製本したものを配布した。そして、1、2年前にブログアップし、広くこの世に示したところである。
 この論文は2部構成になっており、小生にとっては「第1部 アインシュタインの宇宙」はどうでもよくて、「第2部 数の文化と論理」に重要性を持たせている。
 あれから早9年にもなるが、その後の論文補強作業は、第2部についてはそれなりに気にしているから少々行ったものの、第1部は放ったからかしにしてきた。
 ところが、近年、宇宙論となるとNHKなどで、あまりにもおかしなことを学者どもが平気で言っている。眠くなるまでテレビでも見ているか、とコマーシャルの入らないBSなどを見ていて、つくづくそう感じる。
 さて、小生が発見した、といっては言いすぎだが、アインシュタインがあと一歩で構築できたであろう宇宙論、それを「第1部 アインシュタインの宇宙」で紹介したのだが、それを小生がひょんなことで発見してから、もう10年にもなり、何か補強できそうな新発見はなかろうかと、暇に任せて昨日ネット検索をあれこれやってみた。
 そうしたら、ホーキング博士が言い出したビッグバン理論、これが今でも標準理論として多くの支持を得ているようであるが、幾つものほころびが出てきて、彼でさえ、ビッグバン理論から派生するブラックホール理論は間違っていたと言い出したとのこと。
 加えて、10年前には気が付かなかったが、今日定説となっているところの「宇宙の95%はブラックマターとブラックエネルギーで占められている」という推論が、プラズマ宇宙論によって全否定されてしまうとのことである。
 ざまーみろ、ホーキング博士め。
 随分と気分を良くしたところであるが、学問の世界というものは、あまりに保守的であり、有りもしないブラックマターやブラックエネルギー探しがこれからも続けられるだろうが、ここは、いまだ少数派であるらしいプラズマ宇宙論学派にもう一汗かいてもらわねばならぬ。
 プラズマ宇宙論学派よ、ガンバレ!ガンバレ!ガンバレー!!
 そういう小生は、プラズマ宇宙論はあまりにも難解だし、もう年だから、「第1部 アインシュタインの宇宙」の補強作業は止め!止め!止めー!
 これでいいのだ!
 なんせ学者とは「暇人」が語源であり、宇宙論なんぞは実学ではないのだから暇人に遊ばせておけばいい。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
 3品思い出す。正解。100点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。

3.11 湯治旅行が決まる

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 当店の定休日を毎週日月連休にして間もなく1年になる。
 こうなると、夫婦で1泊2日の旅行がいつでも可能となった。
 しかし、なんやかやで滅多に旅行に出かけたことはない。振り返ってみると、例年と変わらない回数しか行っていない。
 これじゃあ、あんまりだ。
 そこで、女房に声を掛けたら、3月下旬に行こうかとなった。
 予約は例によって女房が行ったのだが、小生がサザエなんかの浜焼きを食いたいとリクエストしたのを汲んでくれて蒲郡と決まった。名鉄フリー切符とセットになったお値打ち価格の宿泊である。
 ゆったりと温泉に浸かるのが最大の楽しみである。今から、それが待ち遠しい。きっといい旅になるであろう。

 ところで、今日は「3.11」フクシマ6周年である。
 岐阜でも脱原発デモが行われる。参加せねばと思うもなんやかやで行かないことにしてしまった。これで3回連続不参加である。
 次の言葉を肝に銘じて次回6月には参加しよう。
 <マハトマ・ガンジーの言葉>
  あなたのすることはほとんど無意味であるが、
  それでもしなくてはならない。
  そうしたことをするのは世界を変えるためではなく、
  世界によって自分が変えられないようにするためである。 

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
寄り合いで割子弁当につき脳トレならず

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。

3.10 神社総代として残す行事はあと一つとなった

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 昨日は、地元の神社で“お日待ち”の行事が執り行われた。
 “お日待ち”とは、火の神「秋葉」様の神事である。“お日待ち”というくらいだから、その昔はその行事が延々と行われ、翌朝、日が登るまで続いたそうだ。昔は楽しみといったら、そうした行事で酒を飲むしかなかったろうから、そうなったのであろう。
 しかし、世の中忙しくなっており、神事は20分で終わり、準備や片付けを含めて2時間で終わってしまう。この行事は直会(なおらい)がないから、会食もなければ酒も出ず、いたって簡素なものだ。
 この行事が済んだから、あと残す行事は今度の日曜日の祈年祭だけとなった。これが終われば、地元の神社総代は任期3年がお役御免となる。
 このことは、はじめっから分かっていたことではあるが、現実に行事があと1つとなると、不思議なもので、“うれしーい!”という気分でいっぱになってしまいました。有り難い。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
寄り合いで会食につき脳トレならず…。いや、これは1日前で、2日前のは6品思い出す。うち1品なし。5/6で80点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。

3.9 白、黄色、ピンクの3色世界を一度に楽しむ

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 昨朝、庭に出てビックリ。時期外れの雪が降っていた。辛うじて溶けずベタ雪であったから、舞うのではなく降るという状態。
 でも、畑はうっすらと雪化粧しており、白くて綺麗な眺めである。氷が張っていないかと納屋の脇に置いてある水桶を見に行ってみると、さすがそこまでは冷え込んでおらず、氷は浮かんでなかった。
 水桶の際から目を前方に移すと、食べ頃になった真っ黄色の甘夏が眩しいほどに目に飛び込んできた。と同時に、その左後方にある満開となったしだれ梅のピンク色が雪の白さに一際映え、目を楽しませてくれる。
 こうして、白、黄色、ピンクの3色世界を一度に楽しむことができた、我が庭の春の珍事。
 小生お気に入りのしだれ梅。樹形もけっこう整い、近づけばいい香がする。写真を撮ってきたので、ここに貼り付けておこう。
(3月8日午後3時半撮影)
DSCN0505.JPG

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
単品につき脳トレならず

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。

3.8 肉が食いたくなったら早くこの世からおさらばできる

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 これは戦前に言われていたことであるが、還暦を過ぎたら魚が食いたくなり、古希を過ぎたら肉(特に赤身肉)が食べたくなるとのこと。死期が近づくと通常そのように嗜好が変わるようである。
 このことについては、過去に2回触れたが、おふくろがそうであった。といっても長寿であったから、80歳を過ぎて“魚が食いてえ”、90歳を過ぎて“肉が食いてえ”、と言いだして、“どういう奴じゃ、えろう胃袋が丈夫うなったもんだ。”と不思議に思ったところであった。
 その頃は、年を食うと、そのように嗜好が変わるのを知らなかった。そのおふくろは、肉が食いたいと言いだして10年ほどであの世へ逝った。よって、最近は戦前に言われていたことは当たっていると思うようになった。
 小生、昨晩は牛肉のすき焼きをたんまり食したところである。安物の牛肉であったが実にうまかった。幸せ感満喫!
 ここ数千来、赤身肉が自分でも異常と思えるほどにおいしく感ずるようになってきたから不思議なものである。
 数年前までは、“牛肉なんぞ食いたくねえからすき焼きは止めてくれ。魚が食いてえから魚すきにしてくれ。”と女房に冬季鍋料理の注文を付けていた小生であるが、ここのところ“魚すきもいいが、すき焼きが食べてえ。”とすき焼きが食卓に用意されるのが待ち遠しくなってきた。
 こうなると、小生の寿命はあと数年か?
 早くこの世からおさらばできる?
 まあ、いつ死んでもいいように、“人生は「今、ここを生きる」の繰り返しである”、そのように考えているから実に気楽なものである。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
5品思い出す。他に1品。5/6で80点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。

3.7 アパートの空き部屋がすっかり綺麗になった

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 10月28日に記事にしたアパート掃除。半分ほどやって中断。その後、この部屋にも入居者が決まり、あれこれ大修繕をかけたのであるが、細かい修理と掃除は自分でやり、先々週末でおおよそ綺麗になった。
 昨日は、その仕上げの掃除を行い、4時間ほどかけて終了。どこもかもピッカピカになった。これで入居者にも喜んでもらえるだろう。
 掃除ってのは楽しいもんです。
 店のほうも毎日掃除をしっかり行い、いつもピッカピカにしておかねばいかんのだが、こちらのほうは手抜きが多い。
 いかん、いかん。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
単品につき、脳トレ休み

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。

3.6 カボチャをどこに植えようか

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 今年、新たにペポカボチャを栽培することにした。
 種が頻尿に効くとのことで健康食品によく利用されており、それを配合した健康食品を飲んでみて、小便の出がとんと悪い小生にも利いた。
 そこで、ペポカボチャの生種を取り寄せ、必要な分を残して、煎って食べてみたところ、1日6粒でよく利いた。
 よし、よし、である。残しておいた生種でペポカボチャを栽培し、収穫後に種を取ろう、と目論んでいる。
 ところで、畝間を広く取っている畑ゆえ、夏野菜を栽培するのに空き畝がない。何かを止めて、そこをペポカボチャにするしかない。そう思って2つの畑のダイアグラムを眺めながら、今年の配置計画を考えた。
 そうしたところ、なんだ、ここに空き畝があるじゃないか。それも、かなり幅広だ。過去、ニンニクを栽培したスペースで、ニンニクは盗難に遭い2度とやられまいと別の畑に移したから空いているのだ。加えて両隣は春野菜だから初夏には収穫が終わり、ツルを幾らでも伸ばせ、好都合だ。
 ラッキー!である。
 こうして、今年の夏野菜ダイアグラムが完成。
 ペポカボチャの種が大量収穫と、捕らぬ狸の皮算用。 

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
6品思い出す。うち2品は3日前、4日前。4/6で65点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。

3.5 久し振りに健康相談を2件受ける

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 ホームページやブログで無料健康相談を受ける態勢をとっているのだが、それを積極的に始めて暫らくしてから、けっこうな相談が舞い込むようになった。
 ひところ週に3、4件は入り込み、それがずっと続き、この調子でいくと対応不可能になろうかと心配したが、最近は週に1件程度となり、ほっとしているところである。
 これは、同じような問合せが多かったから、それをHPやブログに付記し、問合せしなくて済むようにしたことが功を奏したのであろう。
 この程度の相談件数となると、半月間ほど、らしい相談がないことがある。こうなると、寂しいものである。
 ところが、昨日は同時に2件、かなり複雑な相談が舞い込んだ。一つは電話で、もう一つはHPのメールからであった。
 重なるときは重なるものである。なんとかそれをこなし、相談者にまずまず納得いただけそうなアドバイスができたのではなかろうかと思っているところである。
 やれやれ1件落着、いや2件落着。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
6品思い出す。3品はなし。他に1品。3/7で40点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。