So-net無料ブログ作成
検索選択

6.26 ちょっとだけお寺巡りの旅 [ミニ旅]

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 少々大袈裟な表題としたが、女房と2人でお昼時に1時間半ほど近場にある2つのお寺へ行ってきた。
 主たる目的は、食べ歩きである。ついでに花見だ。
 最初に行ったのは岐阜市岩井にある延算寺。ここの門前にある「かどや」の御幣餅がうまい。次に行ったのが山の反対側にある三田洞弘法。ここの門前にある「林屋」の味噌田楽がうまい。
 普段は朝昼抜きの1日1食だが、うまいものとなると話は別だ。延算寺で食べたのは岩井に住んでおられる知人と2年前に初めて。弘法様では時々食べたが最後は数年前だったろうか。
 今日は薄曇で蒸し暑い陽気だが、お寺巡りにはちょうどよかろうというもの。
 まずは延算寺であるが、洞の反対側に住んでおられる知人宅の前山のアジサイ園が綺麗だから、先にそれを見に行く。知人が大半を植栽されたもので見事なものである。さほど広くはないから散策道をゆっくり歩きながらじっくり全部を眺めさせてもらった。
 そして、延算寺前の「かどや」さんの駐車場に車を入れようとしたら、「本日定休日」の看板が出ていた。“なんだ、月曜定休か、つまらん。”と、お寺参りせず。
 次に三田洞弘法へ向かう。日帰り温泉との共同駐車場に車を置き、まずは参拝。ここはけっこう大きな池があり、スイレンが満開で、3ブロックに分けてそれぞれ違った色の花が楽しめる。どれも少々小さな花だがなかなか綺麗なものだ。
 お参りを済ませて、「林屋」さんへ向かう。
 “???たしかこのへんにあったんだが…”
 女房は通っていた大学が直ぐ近くであったから何回も行っていた「林屋」さんであり、迷うことはない。
 こちらの方向だからと近づくも、有るべきはずの所の近くに真新しい鉄筋コンクリートの大きな建物が立っており、その敷地の続きに真新しい墓地がある。
 “なんだ、廃業しちゃったんだ、残念。”(あとでネット検索したら、2013年のグルメ記事があったから、それ以降の廃業だろう。)
 というようなわけで、食べ歩きは空振りに終わってしまった。
 女房は2年ぐらい前まで小生と同様に1日1食であったが、最近は昼にごく軽く何かを口にするようになったものの、昼を抜いてもどってことない。よって、腹も空かず、単に残念だっただけのこと。
 まあ、久し振りに軽いドライブを楽しみ、2箇所も花見ができたのだから、夫婦ともどもこれはこれで十分に堪能できました。
 ところで、こうした軽いドライブも久し振りである。この日記を見てみたら、ちょうど1年前にお千代保稲荷へ行ったきりである。商売の神様であるから1年に1回は行かなきゃ。そして、小生お気に入りの谷汲山へも。ここへはもう4年も行っていないではないか。
 新車の軽四「新型ワゴンR」はエアコンをかけながらでも快調に走ってくれる。機会を捉えて近いうちに行きたいものだ。
 今日も昨日と同様に暇を持て余しているから、今日のような記事を「ミニ旅」というカテゴリーを立てて整理することにしよう。これで、暇潰しにたっぷりブログ遊びもできる。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
7品思い出す。正解。100点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

6.14 久し振りにお千代保稲荷に [ミニ旅]

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 商売の神様、お千代保稲荷。車で3、40分かかる。近所でも信心深い方は毎月お参りに行っておられる。以前は小生も年に3、4回行っていた。
 しかし、近年は年に1、2回と少なくなり、前回行ったのは8月16日である。
 1週間ほど前に、女房が久し振りに行こうかと言う。
 なぜかというと、買い物がしたいからである。
 門前にはいろいろな店があり、近年はだいぶ模様代わりして単なる土産物店は減ってショッピングに便利になった感がする。
 女房の目当ては、靴と漬物。大きな靴屋さんがあり、お値打ちだ。
 そして、漬物は毎回買う店があり、ここは安くて美味しい。境内の正面にある「青木漬物」だ。今回は、女房が漬けた梅干が底を付いたから梅干のまとめ買いである。ついでにタクワンとキムチ漬も。
 その漬物屋さんにはニンニクも置いてあった。
 “中国産と青森産では値段がメチャ違うねえ。うちでも栽培を始めたんだが。”と言うと、そこのご主人が、“採ったニンニクで作付けすると小さなものになっちゃうから、中国産のニンニクを秋に買って、それを作付けすればいい。中国産が国産になる。”と教えてくれた。
 なるほど、である。女房から聞いていたが、中国産と国産では味が違うという。そこで、今年初めてけっこう大きなニンニクが採れたので、その中でいいものを今秋畑に植えようと思っていたのだが、そんなことをしなくても、中国産の大きなニンニクを買ってくればいいのだ。
 漬物を買った後、靴屋に立ち寄り、小生も革靴を1足買い、また、革ベルトも2本買ってしまった。
 お参りに行ったのか、買い物に行ったのか。はたまた百姓の勉強に行ったのか。
 けっこう楽しめたドライブ&ショッピングであった。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
外食で脳トレならず

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

8.16 久し振りのお千代保稲荷詣で [ミニ旅]

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 商売の神様である、お千代保稲荷。以前は年に2、3回は行っていたのであるが、この2、3年はご無礼している。
 ここの門前商店街で、キーホルダー付き小銭入れを買い、痛んできたら買い換えるのを常としているのだが、なかなか行けなかったがために、一昨日とうとう小銭入れに穴が開いてしまった。
 そこで、今日、当店5連休を利用して、女房、娘とともに、お千代保稲荷詣でをし、その帰りに買うことにした。
 残念ながら、お気に入りのタイプのものはなかったが、何とか間に合うものを2個買い、ついでに薄っぺらい札入れも購入。値札を見なかったが、レジで3品計1003円。何とも安すぎる品ではあったが、使い勝手で選んだから、これでよし、である。
 この門前で、うまいもの3品「たい焼き、漬物、どて」を買い、帰る。
 木曽川の堤防道路を片道30分ほどのドライブ。信号はほとんどなく、けっこう景色がいい。
 商売の神様であるのだから、年に1回はお千代保稲荷詣でをしたいものだ。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
〇〇ゆで、△△ハンバーグ、◇◇おひたし、▽▽煮、☆☆味噌和え。
答え合わせ:最後の1品はなし。4/5で80点。最後の1品は昨日残りを食べたから、あったと思うが…。ここのところメモ忘れが多いのではないのか?

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4.26 今日は最高にうれしい日だ [ミニ旅]

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 間もなく名古屋へ出発。行き先は愛知県芸術劇場。ここで催されるアイルランドの「リバー・ダンス」を見にいくのである。
 何年か前、娘が同居していたころであるが、このダンスをテレビ放映されたことがあり、小生が“こりゃあ、すごい!生で見たら感動するだろうなあ。”と言った(小生はすっかり忘れている)のを娘が覚えていて、今、東京住まいの娘が、このダンスの名古屋公演があるのを見つけ、チケットを送ってくれたのである。
 女房と2人で見に行ってらっしゃいと、S席を用意してくれた。
 ダンスがすごかったのをどれだけか記憶しているから楽しみだ。それより、娘の配慮に大感激!

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
焼き〇〇、▽▽煮、◇◇味噌和え
答え合わせ:◇◇は間違いで別の物あり。2/4で50点。

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

7.27 板取地区のヤーコン栽培を視察 [ミニ旅]

<一日一楽日記>
 うちで作ったヤーコンのポット苗200鉢を、5月に板取地区の方々に差し上げた。順調に育っているとの声もあれば、イマイチという話も聞こえてきた。
 そこで、今日、板取地区に声をかけられたオピニオンリーダーの方のお誘いで、栽培状況を視察してきた。
 勘違いして間違った方法を取っておられた方があったり、ずっと放置してあった畑につき肥料不足であったりした所もあったが、概ね良好であった。
 ビックリしたのは、里芋を大々的に栽培されておられる専業農家の方。ヤーコンの栽培方法は基本的には里芋と同じであると伝えてあり、里芋の隣に植え付けられていたのだが、うちのヤーコンより縦横ともに1周りどころか2周り大きい。肥料をたっぷり与えておられるとのこと。これなら、高収穫が得られるであろう。
 どの畑とも、晩秋の収穫が楽しみだ。
 帰りには、リーダーの方と板取川温泉に入ってきた。なかなかいい湯であった。
 板取というと、海抜はさほどないが、完全な山間地であり、やはり涼しさがある。さわやかさを堪能できた一日でもあった。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング)
昨日と一昨日のメインディッシュがごっちゃになっている。ゴーヤ豚肉などの味噌炒め、ピーマンの肉挟み。どっちだったか。2日前は、たぶんピーマン。それ以外となると、オクラは味噌和え?、十六豆はおひたし?、キュウリ煮?、トマトの塩振りがあって、漬物は?何だったか思い出せない。夕刻の思い出そうとすると、いつもより時間が経っているので、難しくなる?
答え合わせ:ピーマン、オクラ、トマトは正解。他は間違いで、モズクとナスの一夜漬けがあった。3/7で40点。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3.18 昨日行って来たスキーの余韻に浸る [ミニ旅]

 スキーに行くと、高齢者がどれほど滑っているか気になる。ゲレンデの途中途中で小休止し、滑り降りてくる人を見ているが、高齢者らしき人は全く見かけない。お昼前にレストハウスへ行ったら、明らかに70歳過ぎと思われる方が2、3名おられた。ホッと一安心。
 20歳代が大半と思われるスキー客、いやスノボー客に、いい年こいて紛れ込んでいるのは気恥ずかしい思いがする。特に、ゴンドラ内がそうだ。顔を合わせないようにし、じっと動かず、外を見続ける。
 加えて、リフト券(1日券)は50歳以上がシニアの扱いで、何だかバカにされている感がする。中高年が千円安いからといって大勢来るかと言えば、来るわけなかろうというものだ。
 そんなことばかり考えていると嫌になるから、気にしないようにし、自分の体力がどれほど残っているかを確かめつつ、白銀の世界を楽しむことにした次第。

 ところで、ヘビースモーカーである小生。レストハウスの入り口なり、コーナーに喫煙所がある。そこで紫煙をくゆらす。ここも20歳代が大半であるが、ここでは高齢者は堂々としていられる。たばこのメインユーザーは高齢者だからだ。
 何度かたばこを吸いに行ったとき、喫煙所に小生一人のときがあった。そこへ若い女性が…きっと二十歳ぐらいだろう…近づいてきて「ライター貸していただけませんか」ときた。「どうぞ」と返事して火を付けてあげた。多少の風では消えないターボライターだ。「どうだ、いいのを持っているだろう」と言いたいところだが、これを言ってはお終い。

 彼女は、友だちを探しているのか、小生から離れたいのか…きっと後者であろう…、2mほど離れた。その後姿を見ると、割と地味なスキーウエアで、小生のものと似ている。
 そこで、思い出した。小生の今のウエアは数年前に買ったものである。
 スキーシーズンの終わりのほうに大きなスポーツ用品店へ行って、メンズものを見ていて、“さあ、どうしよう?”と考えあぐねていたら、若い女性店員が近づいてきて相談に乗ってくれた。
 その彼女は実に美人であった。小生の好みに合った、うっとりするほどの綺麗さであった。その彼女がアドバイスしてくれたのが、「お客様のようなお年の方で小柄な男性には地味な女性ものがいいですよ。ご覧になってください。女性用とは誰も気づきませんから。」と、女性ウエアの地味なものが並べてあるコーナーに案内してくれた。
 その中から好みの色のものを即決で選んでしまったところである。直ぐに「しまった!」と思った。もう少し、彼女と話す時間を作れば良かったのに…。あとの祭り。残念無念。
 もう一つ思い出した。スキーの板を買い直したのが、20数年前。体力が落ち、少々長すぎる板をもてあまし、短めの板を買い求めに行ったときだ。そのときに応対してくれた女性店員も、飛び切りの美人であり、ウエアで応対してくれた店員と甲乙付け難い。
 そんなことどもを懐かしく思い出した。
 もし、小生が若いときの独身時代であったら、その彼女を、あの彼女をスキーにでも誘ったろうに…。いや、そんな頃は気が小さくて、一言も言葉を掛けられなかっただろうなあ。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3.17 春スキー&日帰り温泉 [ミニ旅]

 毎年1回はスキーに出かける小生。そこで、3、4日前に今日17日に出かける計画を立て、予定どおり行ってきた次第。
 従前は石徹白ウイングヒルズだったが、最近は高鷲スノーパークにしている。
 奥美濃でゴンドラがあるのはこの2か所。スキー場はゴンドラがなきゃ、という小生の思いからだ。
 出発は9時ちょっと前、スキー場に到着したのが10時過ぎ。東海北陸自動車道のお陰で1時間半かからず着いてしまう。有り難いものだ。

 快晴で遠くに北アルプス連峰が少々かすんで見える。しばしその景色に見とれてから、初滑り開始。雪質は当然に良くない。雪が解けて固まった状態にあり、それを朝にゲレンデ整備で均したのだから、当然のことだ。
 1本、2本、3本と多少スピードを出して滑る。転びそうになっても何とか踏ん張ることができた。
 しかし、年だ。年々足の筋肉が弱り、スピードは抑えざるを得ない。上級コースは還暦過ぎからパスしているし、中級コースはゆっくり大回転、初級コースはダウンヒルとはいかず、スーパーGだ。
 これだけ滑るとうっすらと汗をかくし、ゴンドラ内は窓が開けてあっても暑い。

 そこで休憩。ビールを飲もう!これが楽しみでスキーに来ている小生である。
 一昔前はゲレンデ際に売店があって、そこでビールとつまみを買い、雪の上にデンと腰を降ろしてビールを飲み、紫煙をくゆらしたものだが、最近はゲレンデでの飲食・喫煙ともできなくなっており、実に残念だ。
 スキー場も時代の流れを感じさせられる。

 4本目。そろそろ足の疲れが来ている上に飲酒運転であるからして、膝がゆうことを利かなくなっている。もうスピードは出せない。初心者同様、ゆっくりゆっくり滑る。
 5本目、6本目と滑って、体力の限界に近づいた。ここで、小休止。喫煙可能なバルコニーで紫煙をくゆらし、コーヒーを飲み、少々うたた寝。
 まだ、酔いが残っているようだ。そこで、7本目、8本目と滑るも、途中途中で何回も小休止を入れてやっと降りてきたという調子だ。しかし、ボーゲンで降りるのはみっともないから、大回転なりスーパーGだ。
 9本目。もうダメだ。止め。酔いも抜けたようだから帰ることに。

 時刻は15時少々前。お次のお楽しみは日帰り温泉である。
 ここ2年、スキー場から10分少々の所にある「湯の平温泉」へ行っているが、スキー客の帰りのラッシュと重なり、かなり込む。
 よって、もう少し下の白鳥温泉へ向かう。しかし、看板を見つけるのが遅れ、通過してしまった。Uターンするのもしゃくだから、次にある大和温泉に変更。
 初めて入る大和温泉。割と空いており、スキー客らしき若者は少ない。大半がお年寄りで地元の人だろう。
 車の中も暑く、先ずは水シャワー。そして露天風呂へ。ハーブ湯と表示されていたが、けっこういい匂いがした。
 たっぷり温まってから、水風呂がないか探したら、サウナが有り、その横にちゃんと水風呂があった。有り難い。
 温泉では、いつも冷・温・冷・温・冷と繰り返すのだが、この入浴法は健康にとても良いのを実感しているから、いつもそうしている。水風呂があると、これがバッチリできるから有り難い。

 温泉は40分ぐらいで切り上げ、売店で「燻り豆腐」と「明宝ハム」を買い求め、帰路につく。美濃市から高速に乗り、17時半に帰還したところである。
 スキーと温泉、実に堪能しました。
 今年はけっこう雪が有りそうで、また行きたくなります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5.12 久し振りの谷汲山詣り [ミニ旅]

 1年に1度程度はお詣りに行く谷汲山であるが、ここ暫く行っていない。
 そこで、今日、行ってきた。
 目的は不純で、近所のスーパーの経営者が変わり、タケノコの良いのが店頭に並ばなくなったからである。
 タケノコを買うとなれば、この当たりでは谷汲かお千代保さんの門前となる。
 久し振りだから谷汲山にお詣りして、門前か直売場あるいは道の駅で買うことにした。
 先ずはお詣り。新緑が綺麗だ。しかし、日曜日のお昼なのに参拝客は疎ら。
 門前を下りながら、土産物屋を見てみると、クズっぽいものが数本で1000円とある。新しそうだから、これにしておこう。店主に聞くと、おう終わり掛けで、今朝、やっと手に入れたものという。
 毎年、1度は食べたいタケノコご飯である。これで、今晩は堪能できそうだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3.18 今日は娘のアパートへ遊びに行く [ミニ旅]

 名古屋住まいとなった我が娘。もう半年になろうとしている。
 一度どんなアパートに住んでいるか、女房が一度行って見てきたいという。
 そこで、娘の了承を得て、今日(当店の定休日:第3日曜とその翌日が連休)出かけることになった。
 小生も少々気になるところであり、一緒に行くことにした。
 でも、住まいを見ることより、一緒に会食できることの方が嬉しい。
 最近までうちの近くに美味しい中華料理専門店があったのだが、経営難で廃業されてしまい、それに変わる良い店が見当たらない。
 名古屋へ行けば、駅ホテルに高級中華料理専門店があり、その昔、2度ほど賞味したことがある。娘に聞くと、今でも評判が良いとのこと。
 そこで、娘の所へ立ち寄った後、そこで会食することにしたのである。
 久し振りの中華料理であり、今日は美味いものがたらふく食えそうだ。 
 待ち遠しい。
(追記)
 午後8時過ぎに帰ってきた。
 とても美味かった。一番安いコースで8000円もしたから、美味くなきゃおかしい。娘が“美味しい、美味しい”を連発し、より美味しく感じた。そして、一番安い紹興酒がグラスで800円。これはお手頃な値段で、量は少ないが、小生にはちょうど良い量だった。
 ところで、店の名前が変わっているようで、その昔とはどうやら別の経営者のようだった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3.11 今年も春スキーに出かける [ミニ旅]

 ここのところ急に暖かくなり、スキー場の雪がなくなりはしないかと大変心配になりました。毎年1回はスキーに出かける小生です。そこで、3、4日前に今日11日に出かける計画を立て、予定どおり行ってきた次第です。
 行き先は、従前は石徹白ウイングヒルズでしたが最近は高鷲スノーパークにしています。奥美濃でゴンドラがあるのはこの2か所。スキー場はゴンドラがなきゃ、という小生の思いからです。
 4時間滑って堪能しました。また行きたくなります。
 先ほど帰ってきたばかりでして、この続きは明日の朝に書くことにしましょう。

(翌朝追記)
 昨日出かけたのは午前10時、スキー場に到着し滑り始めたのが11時45分。快晴で遠くに北アルプス連峰が綺麗に見える。しばしその景色に見とれ、初滑り開始。雪質はあまり良くない。雪が解けて固まった状態にあり、それを均したのだから、当然のことだ。皆が滑っている所はほぐれているから、多少は滑りやすい。
 1本目は慣らし運転で慎重に、2本目、3本目は多少スピードを出して体を温める。まだまだ足腰の力はどれだけも衰えていないと自我自賛。

 そこで休憩。ビールを飲もう!これが楽しみでスキーに来ている小生である。
 一昔前はゲレンデ際に売店があって、そこでビールとつまみを買い、雪の上にデンと腰を降ろしてビールを飲み、紫煙をくゆらしたものだが、最近はゲレンデでの飲食・喫煙ともできなくなっており、実に残念だ。
 スキー場も時代の流れを感じさせられる。

 4本目は隣のダイナランドで滑る。そろそろ足の疲れが来ている上に飲酒運転であるからして、膝がゆうことを利かなくなっている。中級コースの連続で膝にガタが来て、スピードを抑え加減にしていたが、スッテンコロリ。還暦過ぎのオジイが無様な姿を見せ付けてはみっともない。以後、安全運転。
 酔いが醒めるまでは滑ろうと、その後も何本か滑ったが、安全運転では体が温まらない。快晴だが少々風があって、体が冷えてくる。
 軽装だから、いたしかたない。
 滑り初めからちょうど4時間経った午後3時45分に、本日これまで、とする。

 冷えた体を温めようと、スキー場から10分少々の所にある温泉「湯の平温泉」へ行く。ここは、去年3月19日に、同様にして入った温泉である。そのときは、午後2時頃に切り上げたから空いていたが、今回はスキー客の帰りのラッシュと重なり、かなり込んでいた。
 この温泉は、主成分が「ナトリウム炭酸水素塩」と表示されており、いわゆる重曹であって、弱アルカリであるから肌がツルツルする。下呂温泉と同じだ。また、沸かし湯の循環式であろうが、塩素臭はほとんどしないから有り難い。
 少々熱めの湯だが、冷えた体には好都合だ。長い時間浸かっているとのぼせそうになり、冷水シャワーで冷やしたいが洗い場が込んでおり、使えない。そこで露天風呂の淵の岩にあぐらをかき、冷風で体を冷やす。もう一度体を温め、冷水シャワーが使えないかと内風呂に入ったら、具合良く洗い場が空いていて、たっぷりと冷水シャワーを浴び、風呂から上がった。
 冷・温・冷・温・冷と繰り返す、この入浴法は健康にとても良いのを実感しているから、いつもそうしているのだが、今回は、温・冷・温・冷となった。まあ、これでも良いだろう。

 スキーと温泉を楽しんだ後は、高速を使わず下を走る。目的がある。白鳥で「燻り豆腐」を買いたいのだ。これは実に美味。道の駅にも売っているが、昔からある「物産センター」の方が雰囲気があって、いつもここで買う。目的の物以外にも2、3品買い、美並から高速に乗り、午後6時15分に帰還したところである。

 実にいい1日であった。今シーズンの春スキーはまだまだ楽しめそうだから、機会を捉えて、もう一度行きたいものだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感