So-net無料ブログ作成

7.12 久し振りに健康相談を受ける

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 ブログやホームページから1週間に2つ3つは入ってよい健康相談であるが、ここ1週間、全く入ってこなかった。メール着信に何かトラブルでも発生したのか? いや、そんなことはない。楽天からどうでもいいお知らせが入ってきたから、メール機能は正常だろう。
 今朝、いつものようにメールをチェックしたら、昨晩、ブログから健康相談が入っていた。実に久し振りに入ってきた相談だから、きっとこれはやにくい相談ではなかろうか。そう身構えて中身を見てみたら、コレステロールの薬についてであった。
 医者から高脂血症用剤を処方されたが飲んでよいものかという相談である。これの相談が実に多い。よって、だいたいワンパターンで回答できる。答は単純で「飲んじゃダメ!」。その根拠をサラッと書き、詳細は過去記事のURLを貼り付けて終了。
 今回貼り付けた記事は次のもの。お暇がありましたらクリックしてご覧あれ。
 メタボ検診にスパイを送り込む。して、その結果は…
 それにしても、日本の医者には閉口する。何でこうも薬を出したがるのだろう。うんざりする薬漬け社会。これを世界比較のデータで見てみたいのだが、幾らネット検索しても出てこないし、書籍では断片的にしか紹介されていない。
 苦し紛れに根拠なしで書いた次の記事。これも、お暇がありましたらクリックしてご覧あれ。
 日本の抗がん剤、脂質降下剤、タミフルの投与量、みな世界シェア70%?!  
 今日の同業者同士の勉強会でも、これが話題になったのだが、薬屋が飲むなと言っても医者に勝てるわけがなく、手をこまねいて悔しがるしかない、この情けなさ。
 そうしたなかで、ネットによるアドバイスが出来るのは実に有り難いことだ。時にはバッシングもあるが、慣れてしまうとバッシングも気にならなくなるもの。最近は、バッシングがめっきり減ってしまい、せんがないくらいであるが、あるよりはないほうがいい。減ってほしくないのは健康相談であり、来るときは来るものだから、明日あたりから連続することを期待。でも、ほどほどに。 

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
7品思い出す。他に1品。7/8で90点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感