So-net無料ブログ作成

6.10 今日から10日間、独身貴族だが

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 今朝5時半には女房を駅まで送った。娘と海外旅行に出かけるからだ。帰ってくるのは19日だから、10日間不在となる。
 今日から10日間、独身貴族となるのだが、それが楽しめるのは今日と最終日だけとなる。というのは、女房の留守中に3日間断食を決行することとし、前2日と後3日もけっこうな食事制限をせねばならないからだ。つまり8日間にわたって通常食が食べられない。
 前にも3日間断食をしたのだが、そのときは女房が3日間の旅行に出かけたときであり、回復食のときは女房と一緒の食事であったから、計画どおりにはいかなかった。もっとも、それによって胃を壊す(断食明けはよほど慣らし運転をしないと大変なことになる)ことはなかったが。
 よって、今回の断食はマイペースで事が進みそうで、ホッとしているところである。もっとも、本当は断食なんてやりたくない。だが、メインブログ「薬屋の…」で“断食のすすめ”を書いているから、年に1ぺんぐらいは見本を示さねばならぬ。そこで、本日ブログで“断食宣言”をしたところだ。
 いったん宣言してしまえば“よーし、やるぞ!”という気になり、楽しくもなる。“断食宣言”のブログ記事は次のとおり。
 2回目の3日間断食体験記(2017年6月)
 上のブログ記事で毎日の経過報告もします。果たして成功するか失敗するか、興味のお有りの方は覗いてやってください。
 ということで、今晩は何かうまいものを一人で食ってくることにした次第。そして女房が夜遅く帰ってくる最終日も同様に晩餐会。つまり、独身貴族を楽しむのは2日だけとなるが、まあそれでよかろう。 

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
4品思い出す。他に1品。4/5で80点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感