So-net無料ブログ作成
検索選択

6.8 キュウリの初生りを塩振りでいただく

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 2、3日前に、樹体はまだまだ幼いが、キュウリの実が3本ほどけっこう大きくなりつつあるのを発見した。そして、食べ頃になったものを今朝、1本収穫。
 初生りを輪切りにして塩を振って晩飯のおかずとして食べる。我家の恒例行事で、こうして旬を食すってのはいいものである。
 明日も1本収穫できよう。その後は2、3日置いて1番生りがポツポツといったところだろう。その後、2番生り以降はドバッと生りだす。
 昨日、梅雨入りしたが、本格的な蒸し暑さはまだ先で、キュウリはもう少し後から取れ始めていいくらいだが、昨年までに比べれば初生りの時期は大幅に遅くなった。
 昨年までは、お隣さんから頂いたハウス栽培の大きな苗を5月早々には定植していたから、初生りは5月下旬であったのだが、今年から高齢ゆえに苗作りを止められたので、JAで5月7日に少し小さめの苗を買い、それを定植したから、半月ほど遅れが生じたのである。
 これくらいがちょうど良かろう。そして、キュウリの足は短く、直ぐに終わってしまうから、第2弾を既に用意してあり、1週間もすれば定植する運びとなる。その後、第3弾の栽培も予定している。
 こうして9月いっぱいは毎日のようにキュウリが食べられるようにしたいと思っている作付け計画である。
 旬のキュウリに万歳!そして、お天道様に感謝!

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
5品思い出す。うち1品なし。4/5で80点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感