So-net無料ブログ作成
検索選択

6.7 みやざき中央新聞の顧客管理の細かさに二重にびっくり!

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 昨日の郵便物の中にみやざき中央新聞からの葉書があった。小生のブログ記事を見て新聞購読を始められた方があり、そのことについての礼状であった。こうした細かいことにまで気配りされる姿勢はなかなかのものであり、商売をやっている小生も肝に銘じておかねばならなぬことである。
 みやざき中央新聞についてはこのブログで何度も記事にしたところであるが、メインブログ「薬屋の…」でも幾度か記事を貼り付けたりして紹介している。それらのなかのどれかを見て、新規の購読者が現れたのであろう。そうした読者が現れたとは、小生とてうれしいことだ。
 小生、実はこの新聞にはまっている。“心温まる、勇気をもらえる、感動した!”というキャッチコピーを付してみやざき中央新聞の切り抜き(小生の独断と偏見で選定したいい記事)をコピーし、毎月の当店DMにも入れ、お客様にも読んでいただいている。
 月4回発行のこの新聞が礼状葉書と相前後して2、3日前に届いた。昨日、女房がそれを読んで「岐阜の三宅さんって書いてあるわよ」と小生に言ったのだが、???何のことか分からなかった。礼状の葉書のことではなかろうに。
 その新聞を今日読んだ。そしたら、編集後記というかコラム欄「くるみの談話室」に凄いことが書いてあった。この新聞の読者についてであるが、「数年前までは人から人への口コミで繋がってきた方がほとんどでした。」とあり、その1例として(文章の前後を略して引用)「M←N←S←岐阜県の安東さんから。安東さんは同じ岐阜の三宅さんから。三宅さんは愛知県の石川さんから。←T←U←M←S←甲斐さんから、といった繋がりです。ちなみに甲斐さんは私の友人です。」とあり、何と11人の繋がりが書かれているのである。
 石川さんから紹介され、安東さんに紹介した「三宅」とは正しく小生のことであり、女房の昨日の言葉に合点がいった。
 小生の名前が出たのはうれしいことではあるが、何よりビックリしたのは、この繋がり10名の顧客管理である。小生も手書きの顧客台帳に新規の客は紹介者を聞きだして両者の台帳に書き込んでおくのだが、数が多くて繋がりも長くなれば、この方法ではとても処理しきれず、パソコにンソフトを組んで打ち込んでおかねばならぬ。
 ここまでやるか!? 仰天である。
 いや~あ、おそれいりました、みやざき中央新聞様。
 ますますはまります。
 ますますはまったついでに、今週号のいい記事を一つ貼り付けておきましょう。毎回のことですが、無断での勝手な引用、お許しください、みやざき中央新聞代表の松田くるみ様。

みやざき中央新聞17.6.5.jpeg

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
5品思い出す。うち1品は別の物。4/6で65点
ここのところ、まずまずの成績であるが、必ずと言っていいほど間違えるのは味噌汁である。メインディッシュはインパクトが強いから思い出しやすいのだが、味噌汁はあまりに脇役であり、控えめな存在だから、記憶に残りにくい。2日に1回程度食卓にのぼる味噌汁ゆえ、1日前でも記憶がうっすらし、2日前ともなると、よほど具に特徴があるか、濃すぎたり薄すぎたりでもしないと記憶に残らない。
残ってもいない記憶を何とか呼び覚まそうとする、その悪足掻きが、良き脳トレになるのではなかろうか。よって、毎回、1つ2つ間違えるってのは良き脳トレになっている、そう考える小生です。

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。