So-net無料ブログ作成

5.10 今度の新車は真っ黄色

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 10日ほど前に女房が事故って軽自動車がほぼ修理不能となった。そんな大事故でありながら、双方全く怪我がなく、運が良かった。自動車修理屋もビックリしていた。
 さて、車を買い直さねばならなくなったのだが、女房が運転し易いよう、前と同じ車種としたものの、車体の色をどうしようかということになった。
 自動車修理屋とあれこれ相談する中で、相手の車や通行人に目立つ色が良かろうということになり、真っ黄色に決めた。運転ベタの女房であり、乗るときに運転に“注意”という意味合いも込めて。
 女房より小生の方が運転機会が多く、あまりに目立つ色だから少々恥ずかしい気もするが、車に乗ってしまえば色は分からなくなり、これでいいのだ!というもの。
 いつ納車になるか、さっぱり分からないようだが、真っ黄色の車が早く来てほしいものだ。待ち遠しい。 
 ところで、費用負担はいかほどになるのか。廃車する車は数年前に買ったものであり、車両保険に入っているものの何十万円かは持ち出しとなるようだが、ものは考えようで、新車がその値段で買えると思えば安いものである。
 高度成長期には、数年も乗ればグレードアップした新車に買い換えてドライブを楽しんでいたのを思い出す。あの頃は、好景気が続き、給料もグングン上がったから、簡単にそうしたことができた。懐かしく思い出されるが、もう二度とそういうよき時代は訪れないだろう。
 加えて、年だから、より小さな車のほうが運転し易く、今回も軽自動車となったのであるが、さて、今度の車を乗りつぶすとなると、小生は85歳ぐらいになっているだろう。そうなると、これが最後の車になるかも。大事に乗りたいものである。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
3品思い出す。正解。100点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感