So-net無料ブログ作成

4.8 2枚の土地がやっと売れる

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 先祖伝来の田畑を引き継いできたおふくろが死んだのが一昨年8月。その遺言として小生に“妹2人に田んぼか畑を1枚ずつしんしょう分けしてやってくれんか”と言われていた。
 葬儀が済んで、早速に農協に相続税申告と土地2枚の売却をお願いしたのだが、土地はそうそう売れるものではない。
 一番条件がいい土地は昨年8月にまあまあの金額で売れたが、2つ目がなかなかであったものの、昨日なんとか話が付いた。相続税評価額の8掛け弱だが、これで我慢するしかない。
 もっとも、高く売れたって小生には1文も入らないのだから、どうでもいいのだが、妹たちには高いほうがいいに決まっている。
 兄として、妹たちには当初、相続税評価額の7掛けぐらいになるかもしれんと言ってあるから、これはクリアしたし、1、2番に大きい土地の売却だから、妹たちも納得してくれよう。
 おふくろの遺言を無事に果たすことができて、ホッと一安心。やれやれ、である。
 それにしても税金ってのにはまいる。相続税をガッポリ取られるし、しんしょう分けで土地を売ればこれまた所得税をガッポリ取られし、住民税への跳ねっ返りもある。
 最後はボヤキになってしまったが、気持ちを入れ替え、この1年間、“俺は高額納税者だぞ”と威張ることにしよう。 

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
5品思い出す。正解。100点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感