So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年03月| 2017年04月 |- ブログトップ
前の10件 | -

4.28 牡丹の切花をレジ横に飾る

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 1週間ほど前からだろうか、自宅の東庭で赤い牡丹の花が綺麗に咲いていて、目を楽しませてくれていた。
 それを女房が切ってきた。花の重みで1本が軸折れしているのを発見し、これではみっともないからと全部(数本)切ってきて、店のレジ横に飾ることにしたのである。
 近くで見ると、とても大きな花だ。実に見ごたえがある。
 女房が、“お客様から造花と間違えられるかも”と言うも、レジを打つときに自分たちの目にも留まり、心を和ませてくれるから、これでいいじゃないか、というものである。
 花を愛でるって、やっぱりいいものです。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
5品思い出す。他に1品。5/6で80点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4.27 今日の一楽日記はお休み

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 先日、ブログ記事作りのノルマを全廃したところです。
 昨日の出来事で記事にするほどの楽しいことがありませんでしたので、今日の一楽日記はお休みします。
 と、書いたところで、“休みっていいなあ”が最高の一楽。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
5品思い出す。うち2品は別の物。3/7で40点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4.26 新聞は読まねど、とらねばならぬ

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 “新聞はMさんがみえたときに必要だし、折込チラシは食後にどうしてもいるわ。小中学校の資源回収のときに千円出していただこうかしら。”と、女房が笑って言う。
 いきなりこんなことを言ったって、何のこと?となってしまうが、当店そして我が家にとっては切実な問題でもある。
 小生は日刊新聞を読まなくなって間もなく2年になる。毎日ネットニュースの表題だけは眺めているから、偏向記事の新聞なんぞ読む気が起きなくなったからだ。女房も最近はネット情報を見るようになったから、新聞をとるのはもうよそうか、という話が夫婦の間で交わすことが出てきたのである。
 ところが、古新聞は当店にとっては必須のものである。冬季には自家栽培のネギを包んでお客様に差し上げるのに新聞紙に勝るものはない。また、2か月に1回ほど冒頭で掲げたMさんがご来店になったときに新聞紙ほど便利なものはない。独身で単身住まいのMさんはスーパーやコンビニで買い物したとき面倒だから札だけ出してコインはポケットに入れ、家に帰って瓶に入れておき、ある程度溜まったら当店に両替にいらっしゃる。このとき、1日分の新聞紙を広げて相談机に置き、バシャーッとあけて50枚ずつ(500円玉は20枚)色分けした紙に包むのであるが、拾い集めるときに新聞紙がクッションとなり、スムーズに拾えるのである。
 一方、チラシの方は食後に必須となる。皮付きピーナッツ(ここのところ毎日のように食べている)の殻をむいたとき、チラシの淵を折ってトレイにし、食べ終わったらギュギュッと包んでゴミ箱へポン。そして、今、毎日甘夏を1個食べているのだが、チラシを3、4枚敷いて、これをまな板代わりにし、テレビを見ながら切って食べ、食べ終わったらピーナッツと同様に処理をする。
 したがって、折り込みチラシ付きの日刊新聞は、当店そして我が家にとってはなくてはならないものなのである。
 1か月分3千円強も払って目的外使用しかしない新聞。そろそろ本気を出して真剣に折り込みチラシ付きの古新聞をどっさり千円で買うことを検討せねばならないかも。
 これが冒頭での女房の笑いとなり、つられて小生も思わず噴き出してしまったのである。
 まあ、だけど、古新聞の使い道はいいにしても、チラシの使い道の2つ目はみっともなくて口が裂けても言えない。よって、月々3千円強を払うしかないか。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
6品思い出す。正解。100点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4.25 畑の開墾、また開墾

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 1年半ほど前に畑の中の樹木を伐採し、切り株に除草剤の原液を塗りたくって枯らした。その切り株が朽ちるには数年は要しようが、どれだけかの伐根は可能だ。
 昨年の今時分にも少々行ったが、今年も引き続きツルハシでもって地表近くにある根っこを叩き、千切り取る。これによって、鍬がスムーズに動き、土寄せが思い通りにできるようになった。
 昨日、一昨日と、これを部分的に行い、里芋と枝豆の作付け畝が長くなりすぎてしまった。せっかく作った畝が一部遊んでしまうという、うれしい悲鳴。
 ところで、我が肉体のほうはというと、ツルハシを力任せに振るうという少々無茶な筋肉運動でもって体が壊れはしないかと不安にもなってくるが、今朝の自己検診というと大げさだが、さしたる筋肉痛も感ずることなく、大丈夫である。
 それにしても、昨日、一昨日と午後3時頃に仕事を切り上げたのだが、クタクタになった。農作業後に予定していた10分、15分で終わらせることができる簡単な家の中での片付け事に着手する勇気はもうからきし残っていなかった。
 こうして疲労困ぱいするも、実に心地好い。開墾という仕事は、畑の創造であり、煩悩をいたく刺激するものである。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
6品思い出す。1品は別の物。5/7で70点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4.24 エンドウの初生りを卵とじにして食べる

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 例年今時分になると絹さやエンドウの初生りを収穫することができる。2日前に少しは取れそうであったが、しばし我慢し、昨日まあまあの量を収穫することができ、早速、女房が卵とじにしてくれた。
 初物はうまい。特に女房は絹さやエンドウの卵とじが大好物でパクパク食べよる。
 毎年、順調に生ってくれ、ホッとしているところである。不作となると、きっと女房のご機嫌が悪くなろう。
 もっとも、食べきれないほど作付けし、ピーク時には過半を当店お客様に差し上げることにしているから、不作であっても特に問題は生じないが。
 さて、エンドウの収穫時期は天候に大きく左右される。
 4月が異常に暖かいと4月中にほとんど生り終わってしまうことがある。逆に4月がかなりの低温だと収穫のピークが5月半ばにずれ込むことがある。また、盛んに生りだした頃に高温となると大収穫となり、2、3日であっという間に終わってしまう。
 今年の4月は今まで平年より気持ち高めの温度で推移し、これからは低温気味だから、だらだらと収穫できることになりそうで有り難い。そして、当店セール(5月1~7日)に収穫のピークが来そうだからラッキーである。
 お天道様に感謝、感謝、感謝。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
2品思い出す。サブは汁物に違いないが何だったか? メモが残してなかったから不確かだがクリームスープのように思うが…。

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4.23 ノルマのない生活へまた一歩、歩を進める

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 ヒトは楽をしたがる動物である。いや、ヒトは動物であるからして楽をしたがる。これは不変の原理である。
 しかし、ヒト社会は“楽をすることは悪である”とした。あるときから“働かねばならない”としたのである。
 それはいつからか。こんなことを真剣に考え、考え抜いて、何年か前に自分なりに一応の結論を得て論文をしたためた。
 まあ、そんなことはどうでもいいことだが、ヒトは何らかのノルマを持たされて生かされているのであるが、年を食うにしたがって自ずとそのノルマもだんだん減ってくるし、世間も家族もそれでよしとしてくれる。
 しかし、急激に減らしすぎると恐い。ノルマ減少と反比例してボケ症状が急上昇するのである。
 それを知っているから、自分で自分に与えたノルマはぎりぎりまで踏ん張ってこなそうとしてきた。でも、限界というものがある。
 そこで、昨日は、月末間近ということもあって、来月のブログ記事づくりノルマを立てようとしたのだが、ここ2、3か月、もうアップアップの状態にあり、来月からは思い切ってノルマを全廃することにした。
 自然体で、やれる範囲で記事を書く、これでいいではないか。ただし、ボケては困るから、そうならない程度に。
 よって、今、立てているブログ…何本あったっけ。えーっと1、2、3…8本、あれあれ、1本はここ1年以上何も書いてないし、もう1本は何か月も投稿していない。知らず知らずノルマを外している。
 ちょっと気になるボケの進行。
 まあ、いいや。ノルマ全廃、気楽にいこうじゃないか。
 よって、この一日一楽日記も今後は休稿することがありますので、ご了承ください。毎日ご閲覧の読者の皆さん、2、3日連続休稿となってもちゃんと生きていますので、ご安心ください。…誰もそんなこと気にしていないか。 

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
6品思い出す。うち1品なし。1品別の物。4/7で60点。
これは毎回苦痛である。しかし、脳トレはせねばならぬ。ブログを休稿してもやり抜こう。ボケ防止のため。

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4.22 庭に畑に花が咲き乱れる

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 昨日、女房が久し振りに自宅へ行き、ついでに畑を見てきた。そして“菊菜の花って紫色の花が咲くのね”ってのたまう。“ん?…それは雑草の花だ。菊菜は菊の花で黄色だ”と返答。
 菊菜は蕾を付け始め、間もなく花が咲き始めるだろうが、それに先立ち、今年の畝は雑草1種類と一人生えの草花1種類が咲き始め、時々菊菜の脇芽を摘んでくるのだが、お花畑で菊菜摘みをしている気分にしてくれ、楽しいものである。
 近くにある小松菜の菜の花も見事にすっかり咲きそろい、目を楽しませてくれている。花弁が散り始め、それが周りに随分と落ちているが、その眺めもいいものだ。
 一方、庭の方は春の草花、花木がそこら中で咲き誇っている。亡きおふくろは、随分といろいろな種類のものを植えたものだと感心させられる。庭に目をやれば、引きつけられ、しばしうっとりと眺め回し、春の競演を楽しませてもらっている。
 でも、残念なものもある。何年経ってもちっとも大きくならない小さなままの八重桜は今頃には咲くであろうが、今年はその気配は全くなく、近づいて見てみれば枯れてしまっている。おふくろが他界して間もなく2年になるが、その前後から庭の樹木で枯れるものが目立つようになり、今年も1本が枯れてしまった。おふくろに引っ張られてのあの世への旅立ち。樹木とて寿命があろうから致し方ない。
 ここしばらくは畑、庭ともに花を愛でたいところである。
 花に感謝。草花に感謝、樹木に感謝、そして、天の神、地の神に感謝。おっと忘れそうになった、おふくろに感謝。ついでながら、と言っては失礼に当たるが親父にも感謝。はたまたお祖母さんにも感謝、感謝。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
5品思い出す。他に1品。5/6で80点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4.21 メールアドレス帳を復元

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 ある方にメールを送ろうとして、久し振りにアドレス帳を開いてみた。そうしたところ、カラッカラになっている。
 どうしたことだろう。
 空箱をしげしげと眺めていたら、これは新しいメールアドレスのアドレス帳だ。前のアドレスはもう使えなくなっているから、送受信メール記録とも全部消してしまっている。そのとき、アドレス帳も消えてしまったのだ。
 何とか復元できないかと、あれこれやってみるも不可能であることが分かった。
 さて、どうしよう。
 あきらめかけていた頃に、“そうだ、アドレス帳に乗っけてある方々には新しいアドレスを連絡しているではないか。送信済アイテムから引っ張り出せばいい。”と気がつき、一つひとつエントリーの作成をしてアドレス帳を新たに作り直した次第。
 いやはや恐れ入りました。小生、パソコンの使い方が未熟ゆえ、こうした類のトラブルがよくある。
 でも、今回は、こうして必要な人にはいつでもメールが送れるようになった。有り難し。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
5品思い出す。うち2品なし。別に1品あり。3/6で50点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4.20 5月の湯治旅行を予約 [湯治旅行]

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 5月には地元の行事や業界のセミナーなどがいろいろ入ってくる。それら予定されていたものの日程が全部決まり、それを避けて当店連休日に湯治旅行を組み込むことにした。
 今回はマイカーでの奥飛騨への旅となる。軽四に鞭打っての山岳道路、といってもよく整備された道路だし、エアコンは使わないからスイスイ走れよう。
 女房が、小生の希望を汲んで決定した宿。女房がネットを開いてアクセスし、申し込みページから先は小生がログイン。順次必要事項を打ち込んで最終に近いページまできたところ、“禁煙”の文字が目に留まった。「これじゃあダメだ。禁煙でない部屋でなくっちゃ。コースを選び直してくれよ。」と選手交代。
 しかし、女房がいくら違うコースを探しても、“禁煙”の文字だらけのようだ。「前に行ったときはそうでなかったが、最近になって、ここはきっと禁煙を売り物にし始めたんだろう。別の宿にしてくれ。」と女房に頼み、少々遠くなるが県境を越えた所の宿を探し出してくれ、申し込みページのログインから小生が順次打ち込み、無事予約完了となった次第。
 いやーあ、恐れ入りました。会員バスで行った万座温泉は、到着寸前に室内禁煙と添乗員に聞かされ、マイッタ、マイッタとなったのだが、今回は、“禁煙”の文字を申し込み完了寸前に発見して事なきを得た。
 ヘビースモーカーの小生。心置きなく部屋でたばこが吸えなきゃ、地獄の辛さを味わされる。昨年の8月に万座温泉へ行ったときのことを帰ってきてから記事にしたのだが、そのとき、単に温泉以外は何もかも良くなかったと書いたのだが、一番は室内禁煙であったことだ。そのときは、窓を少々開け、禁を破ってタバコを吸い、煙を外に吐き出し、室内に煙がたなびかないようにしたところである。あんなことは二度としたくない。
 東京オリンピックでますますあちこち禁煙となる。それに弾みをつけてビジネスホテルならいざしらず温泉宿まで禁煙室だらけになってきそうな将来情勢である。
 愛煙家にとっては住みにくい世の中になってきたものだ。
 ボヤキはこれくらいにして、5月の湯治旅行が今から楽しみであり、2日目は上高地散策も考えており、晴天となることを祈っている。 

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
5品思い出す。うち2品は別の物。3/7で40点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4.19 記事のテーマが2つ同時に見つかり、さてどうしよう

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 1か月が経つのは早い。もう来月の当店新聞&瓦版の記事を準備せねばならない。
 新聞のほうは何とかテーマがひねり出せ、早々に原稿準備に取りかかれた。
 一方の瓦版のほうは、いつもなら直ぐにテーマが見つかるのだが、今回はなかなか頭に浮かんでこない。
 一昨日もだめ、昨日もだめ、また日延べするか、とあきらめかけていたところ、“あれがいい!”と1つテーマが見つかると同時に“あれもあるじゃないか”と、忘れていたことを思い出した。
 どちらも旬は今。来月では時期外れとなるテーマだ。
 弱った。さて、どちらでいくか?
 テーマがちっとも見つからないよりは、選択に迷うほうがよっぽどましなことであり、うれしい悲鳴だ。
 こうして、来月の当店新聞&瓦版の記事も2、3日すれば完成する運びとなった。有り難い。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
3品思い出す。他に1品。3/4で75点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
2017年03月|2017年04月 |- ブログトップ