So-net無料ブログ作成

2.14 久し振りにたっぷりと農作業

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 昨日は気温がさほど上がらず風もあるとの予報であったが、晴れていたので11時から農作業することにした。
 風はさほどなく、日も当たるから寒くない。ネコブセンチュウ対策のため、山芋とネギの収穫跡に菌剤を入れ込むことに。
 つまり、畑起こしをするのである。冬用の作業着のままで取り掛かったら暑くなってきた。作業着を脱ぎ、ワイシャツ姿で畑起こし。休み休み2時間半で終了。
 時刻はまだ13時半。曇がちになり、風も出てきて寒くなったが、5畝あるグラジオラスのうち1畝、これは5mほどで、簡単に終わるだろうと植え直しに着手。
 寒い、寒い、と言いながら、15時には終了。
 野菜を少々収穫し、まだ時間があるからと、自宅前の休耕田に積んである枯草の野焼きに着手。風が弱くなり、風向きもいいから行うことにした。冷えた体もこれで温まる。しかし、最初は景気良く燃え上がるも直ぐに火勢が弱くなり、突いてみると下のほうは湿っており、かき広げて少しは燃えやすくしておく。
 時刻は4時を回っており、これにて本日の農作業は終わり。
 5時間の農作業で、心地好い疲労感。やっぱり百姓っていいなあ。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
単品につき脳トレならず

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感