So-net無料ブログ作成
検索選択

5.5 冷温冷浴を始める

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 今日は暑かった。最高気温は岐阜気象台で27.9度を記録し、夜になっても暑いといった感じだ。
 夕食を済ませて2時間もすると、体の中からも熱くなってくる。
 となれば、風呂に入るとき、先ずは水シャワー。頭から全身にたっぷり冷水を浴びる。あがるときも冷水シャワーだ。
 つまり、冷温冷の交替浴である。
 今日から、やっと始められた。爽快!
 これから毎日、晩秋まで続けられるだろう。
 2、3年前までは真冬でも、つまり年がら年中こうしていたのだが、加齢とともに体温が下がってくるようで、体が冷え切っていると真冬には最初の水シャワーはできなくなった。
 でも、湯上がりの水シャワーは真冬でも続けている。
 健康オタクと言われる小生であるが、この冷温冷の交替浴は自信をもって皆さんにお勧めできる、すぐれものの健康法だ。
 皮膚が丈夫になり、アトピーが改善してくるし、風邪も引かなくなる。そして、精神的ストレスを吹っ飛ばしてもくれる。
 さあ、皆さんもお始めくださいと言いたいところだが、初めての人には少々早すぎる。もう1か月先、梅雨前あたりからしかできないだろう。そう思って、6月になったらお勧めしているところである。
 それを1か月先取りして、一人冷温冷浴を楽しんでいます。

<2日前の日記:夕食>(記憶力増強トレーニング ※2
5品思い出す。他に1品。5/6で80点

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、このブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
※2 2014.6.3ブログ記事「 100歳までボケない101の方法 」で書きましたが、その中で衝撃を受けたのが「2日前の日記を付けよう」で、次のように書かれています。
 記憶力を維持し、さらには高めることができ、ボケ防止に役立つ効果が大きいから、ぜひやってみてください。例えば2日前に食べたものを思い出すのはどうでしょう。前日のことならかなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 よって、小生も早速2日前の日記を付け始めたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: