So-net無料ブログ作成
検索選択

6.2 何年ぶりかに講師依頼をうける

 今日の“一楽”をまだ書いていないのに気づいたのが、閉店5分前。よって、表題のみ書いて、本文は明日追記します。ご勘弁ください。
(翌日追記)
 数年前までは、同業者のセミナーで講師を勤めることが年に1回程度あった。東京、金沢、大阪、岡山、福岡など、けっこうあっちこっち遠い所へも出かけた。
 同業者以外の場で講師を勤めた経験となると、家業を継いでからはいまだない。
 今回の講師依頼は、主催者から直接来たものではなく、ある人を介しての依頼である。その方は、昨秋から懇意にしていただいている岐阜大学名誉教授であるからして、断るわけには参らぬ。
 テーマも面白そうであり、引き受けたいところであるが、場所が何とも悪い。というのは、小生の師匠のお膝元であり、本来なら師匠に話が行かねばならないからである。
 そこで、師匠に電話し、許しを請うたところである。師匠は、なんの遠慮も要りません、とおっしゃったが、縄張り侵犯も甚だしい限りであり、少々気が引ける。
 事前に、どんなセミナーなのかをお知らせし、セミナー終了後に状況報告もしてこようと考えている。
 いずれにしても、久し振りの講師であり、昨日から資料準備に取り掛かり、熱が入りに入っている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: